母乳の出をよくする食事は?

私たちの摂取した栄養は、血液によって運ばれるのですが、赤ちゃんが摂取する母乳は、その血液から出来ているのです。

なので、お母さんの摂取する栄養は、母乳にも少なからず影響すると言われています。

赤ちゃんに良い栄養を与えてあげる点でも、お母さんに栄養摂取は大切なのですが、乳腺を詰まらせる乳腺炎を防ぐためにも、お母さんに血液をサラサラにする必要があります。

基本的に健康食が母乳育児に良い食事

「母乳育児だから、このような食品を積極的に摂取しよう!」などと特別に考える必要はありません。

母乳の出を良くする食事は、基本的には、病気を予防したり改善するための健康食です。

和食を中心とした食事を心掛けましょう。ご飯とお味噌汁、野菜、適度なタンパク質の摂取は基本です。

ただ、育児で疲れている時こそ、糖分や脂肪分の多い食事をしたくなることもありますよね。

甘いスナック菓子、洋菓子は、母乳を詰まらせる原因になるので、出来るだけ控えめにしましょう。

間食をしたい場合には、ヨーグルトや果物などの軽いものにしておくのがお勧めです。

さらに、塩分の摂り過ぎにも気を付けて、薄めの味付けに心掛けることも大切です。また、カフェインは、妊娠中に引き続き控えましょう。

赤ちゃん用品を扱っているお店には、ノンカフェインのコーヒーも販売されています。

1杯のコーヒーで我慢できない場合には、ノンカフェインコーヒーを賢く利用して授乳期を乗り越えるのも良いでしょう。

カルシウムを補給するためには、乳製品は摂取した方が良い?

産後のお母さんに不足しがちなカルシウムは、牛乳などの乳製品を摂取することで改善できます。

ただ、母乳育児の際には、乳製品の摂取は母乳を詰まらせやすくするため、控えめにした方が良いと言われています。

でも、産後の入院中は、牛乳やチーズが食事に出されることもありますよね。

摂り過ぎには気を付けなければいけないが、適度には摂取した方が良いと言うことなのでしょうね。

ちなみに、乳製品は、お子さんのアレルギーになることもあるようです。

母乳が出ない!少ない!という方はこの記事がおすすめ↓
【母乳が出ない人必見!】今日からできる!ミルクアップブレンドでお乳を増やす方法