乳の出をよくするお茶は?

母乳育児には、カフェインの含まれているお茶はNGと言います。

でも、お茶には、カフェインの含まれているものも多いですよね。

ただ、ノンカフェインで母乳育児に良いお茶もあるので、見てみましょう。

タンポポ茶が母乳育児に良い理由は?

母乳育児には、タンポポ茶が良いと言われています。妊産婦向けの雑誌では、タンポポ茶の紹介や広告もよくあったりしますよね。

まず、タンポポ茶の良さと言えば、ノンカフェインで赤ちゃんに優しい点です。

それでいて、「タンポポコーヒー」と言われるように、コーヒー味もほんのりと楽しむことが出来ます。

全く本物のコーヒーと同じ味がする訳ではないのですが、妊娠中や授乳中でコーヒーを控えている方にとって、気分を紛らわせる飲み物としてお勧めです。

タンポポ茶では、血行を促進して冷えを改善する効果、血液中の脂肪分を減少する効果など、血液にとって良い効果が期待できます。

母乳は血液から出来ているので、血液をサラサラにして、流れを良くすることは、母乳の分泌を促進するのに役立ちます。

また、母乳育児をしている間は、水分が母乳に優先的に行き届くため、母胎に必要な水分が失われやすくなります。

タンポポ茶には、鉄分やカリウムなどのミネラルも豊富に含まれているので、栄養バランスを考えた水分補給が可能です。

ルイボスティーが母乳育児に良い理由は?

ルイボスティーも、タンポポ茶と同じように、ノンカフェインでミネラルが豊富に含まれているのお茶です。

母乳育児のために飲んでいるお母さんもいますが、妊娠中から飲んでいるお母さんも多いようです。

産院によっては、出産で体の疲れているお母さんの栄養補給として、ルイボスティーを出してくれるところもあるようですね。

ただ、中には、「妊娠中や授乳中の方は、医師に相談してから飲みましょう。」と言うような指示が書かれている商品もあります。

こんな場合には、医師に確認することが大切ですが、出来るだけ妊娠中も授乳中も安心して飲める商品を選択することをお勧めします。

母乳が出ない!少ない!という方はこの記事がおすすめ↓
【母乳が出ない人必見!】今日からできる!ミルクアップブレンドでお乳を増やす方法